« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月

2005.10.25

錯覚

Dsc06035

こう見えても僕は元サラリーマン。それも貿易の仕事の営業マンでした。

もう辞めて6年が経とうとしてる。

先日、当時の同期から連絡があり、僕が働いてた当時の同僚、上司、お世話になった方々と皆で呑もう!という会のお誘いをいただいた。

本当に久しぶりの方々との再会。

時間を忘れて呑みました。ええ、呑みましたとも。

植木等大先生が褒めてくれそうな位のスーダラ営業マンだった僕をいつも支えてくれた方ばかり。

でも一旦話し出すと、まるで昨日まで働いてたかの様な錯覚を覚えた。

次から次へと湧き出る思い出話が、まるでさっき起きた事の様に鮮やかな色彩とともに僕の目の前に現れては流れていった。

最近は日々の事に追われたり、その日の事で頭がいっぱいになりがち。

でも本当はこういった方々との出会いがあって今の僕があるわけです。

様々な出会いや成長過程で知り合った方々への感謝を今一度しなければいけないなぁと実感。

人との”縁”ってそういうものではないかな?

感謝!忘れないでおかないと。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005.10.24

のろという店

今日はLoveComeClubPartyの打ち合わせをしに”のろ”へ。

詳細はラヴカムブログで。

この”のろ”は故高田渡さんが愛したお店。マスターの加藤さんは高田渡さんと大親友だった。

お店は来年で30周年!!

一つの事を30年続けるってスゴイ。

オープンの年に生まれた人間が30歳になってる。

今でものろには吉祥寺を愛してやまない人達が毎日集まる。

大事なのは迎合?頑固?妥協?諦め?挑戦?継続?と思った矢先、加藤さんが座右の銘を教えてくれた。

「変化しない為には、変化し続ける事」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.10.23

シモキタのゴミめ!

DSC06027植え込みの中はゴミの宝庫・・・

吉祥寺立ち上げに際して、ゴミ拾いを体験すべくシモキタ掃除に参加。

初めてgreen birdのビブスと タワーレコードの軍手を身につけてテンションがアガる。

DSC06026快晴、秋晴れの下北沢。キモチいい天気にキモチいい活動。サイコーッス。

こういった活動をしなければきっと気づかなかったゴミ達が街には沢山落ちてる。

No.1は吸殻。No.2は缶、瓶。

それ以外にも傘、サンダル等など、「なんじゃコリャ!」と故松田優作が激しく叫びそうなアイテムがゾロゾロ。

非常にイヤな感じだったのは、植え込みや柵の内側、壁の穴など、”隠して”捨てられたゴミ達。

隠す位の罪悪感があるなら、持ち帰る、又は近くのゴミ捨て場にすてる正義感を持たんかい!!

と思ったのだった。

続きを読む "シモキタのゴミめ!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.10.21

情熱人!!

DSC06000熱いぜ暑いぜ夏いぜ、まだまだ!

塁のドラムが聞きたくなり、tempo vivoのライヴを観に日仏学院へ。

ヴォーカルのホルヘ・ディアス・ロドリゲスに圧巻・・・。

DSC06002カメラ目線は平島さん。相変わらず余裕ある方。

彼はスペインでもキッチリとオペラもやってるそう。NHK教育のスペイン語講座でもおなじみなんですって。ちなみに塁も出てるそう。要チェックや!

DSC06003塁のドラムには男らしさと優しさがあると常々思っておるのです。

彼は高音域のロングトーンをものすごい声量(時にはオフマイクで唄う!!)と正確なピッチで唄う。なにより驚かされたのはスゴイ声量にも関わらず、全く耳にイヤではないのである。逆に共鳴して気持ちよささえ感じました。

ワインを呑みながら、楽しそうに唄う彼は唄の実力だけではなく、気配りの聞いた一流のエンターテイメントでもありました。

塁を観に行って、唄の事も勉強出来た。

そんな事よりもライヴ後は陽気なリズムで体が熱くなってた。

理屈抜きでそれが最高な事です、音楽には。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.17

GB本格始動

dsc05978この緊迫した打ち合わせ風景!ア、アレ・・・

green bird吉祥寺に向けての本格始動が始まりました。

今日は下北沢支部長、green bird事務局長の諸治さんにアドバイスを頂く為にシモキタへ。

都夏(つげ)”へ。

dsc05979シモキタgreen birdがお世話になってるというスタッフのケンケンさん

お店のスタッフはgbのバッヂを付け。商店街にはgbシモキタのフラッグが。

「このフラッグ、吉祥寺にもはためかすぞ!」と心に願いつつ、お店に入る。

ある程度の日程のメドも立ち、キックオフイベントのプランも出来上がり、その後はいつもの熱いトークに突入。

気が付くと0時前、終電間近・・・、マジか!!って感じで解散。

いよいよgreen bird立ち上げに向けて走りだした亮太と左京君。この先どんな壁が立ちはだかるのか、この時二人は知る由もないのであった。

諸治氏はそのままクラヴに一暴れすると言い残し、夜のシモキタへ消えたのであった・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.10.16

AcousticPlate vol.8

dsc05958a最近、夫婦漫才の様なMCと評判の亮太と亜記さん

今日はアコプレ8。

悪天候にも関わらず多くの方が観に来て下さいました。本当に感謝!

回を重ねる毎に音の融合を深めるこのライヴ。今回のテーマは”お客様との一体感”。

来てくださった方々、どうでしたか?

もともと僕が意図していた”プチブルーノート”は確実に出来てきてるんではないかなと思います。

気軽に気楽に美味しい食事とお酒と生の音楽を感じて欲しいと思ってる。

dsc05957今回はバンマス塁のギターも披露!

意外と生の音楽ってまだまだ日本には身近に接する場が少ないと思うんです。

音楽はやはり生がいいです!ライヴがいいです!

dsc05969持田ヒロツグさんも飛び入り参加!

次回は12月14日or15日に予定してます。

詳細は都度UPしますので是非とも観に来て下さいね。

お待ちしてますー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.15

温め続ける力

DSC05944子供の遊具として創られたオクテトラ

今日はイサム・ノグチ展を観に東京都現代美術館へ。

今年、北海道でオープンしたモエレ沼公園との連携イベントです。

正直言って、僕にはいまいちピンと来るものはなかったものの、彼の先駆的観点とそれを大事に育む継続力ってスゴイなーと思った。

プレイマウンテンと呼ばれるピラミッドの様な大きな山がモエレ沼公園にはある。

それの原案を作ったのが1933年!!当時は誰にも理解されなかったそう。

それを忘れる事なく温め、そして晩年に実現させてしまう。

結局、完成を見ること無く彼は逝ってしまう。

「作品は未完成でいい。子供達が遊んで完成させてくれればいい。」

という彼の言葉を考えると完成は見れずともよかったのかなぁと想像する。

最近、スグに諦めてしまう事が風潮として多くみられる。固執する事、粘る事ってなんかスマートではないような感じにとられがち。

生涯かけて一つの事を温めて、晩年にその夢を咲かせる。

今の僕にそれをする自信は・・・、あると信じたい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.10.14

何か起きる・・・

奥にいるのは・・・ア、アレ?

DSC05936

今日は16日開催アコプレ8の最終リハーサル。

かなり良く煮えてコクも出てきた感じ。DSC05938

写真の通り、バンマスのパーカッション、塁君がギターを持ってる。

進化するアコプレ、乞うご期待!!

詳しくは左上をチェック!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.10.11

言葉と唄

dsc05890a 自分で出した楽器に自分の声が乗るってキモチいい。

今日も16日に行われる「acoustic cafe vol.8」のリハーサル。

大体の曲も完成度が高まりイイ感じ。

今回のカヴァー曲は比較的邦楽を多めにしてみた。

「日本語」ってトテモムズカシイ・・・。

同じ言葉でもアクセントのつけ方で意味が変わる。

ちょっとキモチを抜けば死んでしまう。

かと言って込めすぎると重くなる。

時にはカラフルに、時には炎の様な熱さを伴う。

"唄う"事って僕が普段どれだけ言葉を大事にコミュニケーションしてるかって事が如実に出ると思う。

今日は正直自分の言葉の薄情さに驚いており、いかんなぁとクチビルをかみ締めた夜でございました。

皆さんは"言葉"、大事にしてる?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.10.10

LoveComeClubParty6

今日はラヴカム6開催。

悪天候の中来てくれたお客様、ありがとうございました!

今回はDJタイムあり、コンテストあり、ゲストでお笑いライヴあり、モダンバレエありで盛り沢山でした。

詳しくは下記をクリックをしてみて下さいませ。

http://ryota.tea-nifty.com/hirotsugulccp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.07

混ぜれや混ぜれ

DSC05865さてさて混ぜますか

今日は10月16日に初めて日曜日に行われる「AcousticPlate vol.8」のリハーサルを終日行った。

今回もacoustic cafeの皆さんと共にあーでもないこーでもない言いながら1曲1曲丁寧に仕上げて行く。5,6時間かけても数曲しか「これでOK!」っていう完成に至らない時も。

その過程がとても好きである。

目に見えて曲が鍛えられて行く様を感じ、各パートの人間がより融合する為に自分らしさを全開にして相手とコミュニケーションを行い、溶け合って行く。

まるでコーヒーとクリープという別物を一つにして丁寧に混ぜ合わせると新しい美味しさが生まれるように!僕はブラック派ですが・・・。ハハハ。

音楽という媒体を使って違う人間と言う固体と繋がりたいワケです。出来るだけ、限りなく。

それを今度はライヴで来てくれたお客様と行いたいワケです。

なぜって?それは・・・まだワカランです。

DSC05864 俊介先生!Fが押さえられません!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.02

ヒロツグワンマンライヴinのろ

DSC05846唄もモチロンいいけど、MCも本当にオモシロイ

今日は持田ヒロツグさんのライヴを見に吉祥寺"のろ"へ。

ここは高田渡さんゆかりの場所。

初めて来たときもどことなく懐かしさを感じさせてくれる場所でもあります。

続きを読む "ヒロツグワンマンライヴinのろ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.01

日本の景色

051002231940.jpg

近所で秋祭りが行われる模様。
こんな景色は毎年いつから行われてるのか。
でも若い人達の姿が少ないのは寂しい事です。
当日知った自分自身にシキタリ離れを感じる。
いつかこういった物はなくなってしまうのでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »