« 報われる瞬間 | トップページ | 音調整終了 »

2006.11.16

食物連鎖

狩猟をやる知り合いの方から、今日狩を行ったばかりの野ガモを頂いた。

撃ち落としてから血抜きをしただけの野ガモ。

まるで眠ってるかのように目をつぶってて可愛らしい。

生まれて初めてその状態から鳥をさばいたお話。

僕は料理は大好きだけど、鳥をそのままの姿からさばいた事はない。

正直気が進まなかった。

でも鶏肉も豚肉も牛肉も鴨肉も馬肉だって食べる。

その加工されたモノだけを知ってて、元の状態を知らないのってなんか”逃げ”てるようでイヤだった。

という事でNIGIRO Cafe料理長ケンイチ氏のご指導の下、鴨をさばく事にした。

まずは毛をむしる。

眠ってる様な鳥を手に取るだけで僕は最初は怖かった。そういえば魚以外で本来体温があるものの死体を手に取るってあんまりないもんな。

そして、丁寧に毛をむしる。

思ってたよりも簡単に毛はむしれるもんだった。

表面にある羽状の毛をむしると、その下に羽毛がある。

なんだか愛犬ラオの毛をむしってる様な錯覚を覚えてまた怖くなる。

頭と足と羽以外の毛をむしり終わり、羽と足の関節に合わせて包丁を入れて切り落とす。

そして首の付け根に刃をいれる。

この瞬間僕は(ゴメンね、ゴメンね)を繰り返してた。

僕は毎日何かしらの生き物を食べている。そして生きている。生かされてる。

人間は食物連鎖の頂点にいる。

だから基本的に人間を主食にする生物がいないからのうのうと暮らしてる。

当たり前の様に食事を残したり、食べ物を無駄にしてる。

まるで眠ってるかのように死んでる撃たれた鴨の毛をむしり、羽を切り落とし、そして調理して、「鴨肉はキライ」とか言う奴の為にそのまま残されて、その肉が捨てられたりする。

腹部の両サイドに刃を入れてめくり上げ、指を頭部に向けて突っ込み、内臓を抜き取る。

一回水洗いし、背骨から包丁を入れてアバラにそって肉をそぎ落とせばよく見る鴨肉の切り身の出来上がり。

アバラと背骨は煮込むと野趣溢れる美味しいスープになる。

僕は高尚な人間じゃないから、今回の作業によってベジタリアンにはならない。

だけどきっと肉を食べる時に毎回この作業を思い出すだろうって思う。

そしてその命が僕の命を明日に繋げてくれるんだって実感して僕は取り込むだろう。

僕は小さい時から食べ物は残さように。そう育てられた。

別に絶対に残してはいけないワケじゃない。体調が悪かったり、自分の許容量以上の料理の量だったらしょうがないと思う。

だけど、そこにはほんの少しでいいから残した事に対する感謝の想いがあって欲しいと思う。

ナゼ残してはいけないのか?

その理由がやっと分かった気がする。

|

« 報われる瞬間 | トップページ | 音調整終了 »

コメント

昔、まだLAにいた頃聞いたんだけど、ニワトリとか、七面鳥とかは生きたまま首切られるじゃん?んで、その時の恐怖で促される脳の分泌物が、体中に行き渡るんだって。七面鳥が特に強いらしいんだけど、その肉を食べると、ほんのりだるくなるというか、しびれるというか。。
ハラいっぱいだからってだけじゃなく、そう考えると、鶏肉に限らず、肉食った後って、そんな感じなってるなー、と思い当たるんだよな。。
ま、オレほどのmeet eaterが言うんだから間違いない。

td、どうだった?
タイラ、頑張ってるよー。

投稿: loui | 2006.11.17 04:16

子供の頃
叔母のうちで毛を毟られた状態で
シンクに横たわっているにわとりを見たのを
思い出したよ。
「この状態で生きてる訳じゃない」って
頭では分かっているはずなのに衝撃的だったな・・・
自分で捌くのはまた違った衝撃があると思うけど。

命を頂いてるんだもんね。
私も極力残さないようにしてる~。

投稿: みやびんご | 2006.11.17 09:11

今日夢で、カモだったような気がする鳥を何匹もさばかれるのを見てました。鳥さばきのショーみたいのを黒人の人たちがセクシーに踊りながらやってて(かなり異様な風景だった)、途中から代わりに私がやらなきゃいけなくて、皮とか毛がすごくリアルですんごい怖かったのでした。そんな夢を見て、亮太のブログでこの日記。。。これもこれで怖いです。ふっしぎー。

投稿: aki | 2006.11.17 10:01

普段当たり前のように「今日の献立」の一つとして取り入れてる肉。
決して切り身のまま生きてるわけじゃなく、ちゃんと命ある姿から摂られた形ということを知るには、とても良い機会ですよね。必ず感謝が生まれる気がします。

近い将来子供たちにも、そんな機会があると良いけどなかなか難しいですよね。
でも「食べるということはこういう事なんだ」というのは必ず教えていきたいと思ってます。

ところでNIGIROのHP、少し前から見方が変わったのでしょうか?今までのように見ることができなくなりました。家のPC、ポンコツだから何か新しいものインストールすると、すぐ対応しなくなるので困ってます。。。
そうそう、それから「magic FLAKES」早速見つけましたよ~。教えてもらった 9○SHOP で!!
思わず買いだめしました(笑)

投稿: shino | 2006.11.17 11:23

私も一年程前に、同じように鴨をいただきましたよ。

ちょうど血抜きをしているところで、ポタポタと滴る。
鴨くんは数分前まで生きていたから暖かい。
複雑な気持ちで毛をむしりました。

そんな中、鴨を絞めた人が一言。
「まさに命をいただくってことだね」
その言葉を聞いて、初めて”いただきます”の
もつ意味の深さを感じました。
それまではあまり深く考えたことなく、作ってくれた人に対して言っていたような気がします。

鴨くんはみんなでおいしくいただきました。

毎日たくさんの命をいただいて今の私がいます。

投稿: ちえ | 2006.11.18 10:06

To:loui
なんかチミがそういう事言うと納得させられる感じがするんだよなー。
確かにオレも焼肉食べた次の日はダルイ。
でもそれは消化能力が低いから?
loui程のmeet eaterが言うのだから間違いないよね。
TD、マスタリング終了。
ホンマありがと!
出来上がりを楽しみにしてて。

投稿: 亮太 | 2006.11.20 00:04

To:みやびんごさん
確かに僕も小さいときに毛をむしられた鳥を見た時に最初何か解りませんでした。
まさか大好物の鳥のもも焼きになるなんて思いもよりませんでしたね。
感謝の気持ち、次の世代にも伝えたいですね。

投稿: 亮太 | 2006.11.20 00:06

To:akiたん
本当に大爆笑しました。アナタはやっぱり天才。
その夢のセンスもすごいし、なにより驚いたのは同じ感覚をリンクしてたって事。
やはり夫婦漫才も長くなるとこうなりますなぁ。

投稿: 亮太 | 2006.11.20 00:08

To:shinoさん
NIGIROのHPはサーバー移行中です。もう少ししたら見れる様になると思いますよ。
遂に9○で購入ですね。
しかし美味しいお菓子類が安くなったもんだなぁ。

投稿: 亮太 | 2006.11.20 00:11

To:ちえさん
「命をいただく」
その言葉、確かにいただきました。
感動。

投稿: 亮太 | 2006.11.20 00:12

この間、久しぶりに亮太の話を聞いてブログあるだろうな~と思って探したらありました!
あなたのおばさん(私の母親)強烈だら・・・。
八ツ目・鴨・豚の腸etc生々しいのが、時期になると台所に置いてあったものです。仕事をしている関係上、頂き物をするから、さばかざるえなかったんだろうけど・・・一般家庭では、なかなか見掛けない光景ですよね。
手間隙かけるからこそ美味しいもの、ありがたいものです。自分の子供に、見せる機会がないのが残念!!

投稿: sakura | 2006.11.27 19:02

To:sakuraさん
書き込みありがとうございます。
sakuraさんってあのsakuraちゃんかな。
しばらく会ってないですね。お久しぶりです。
僕の中のイメージではべっぴんの高校生(中学生だったかな?)から変ってないです。
でもママですもんね、今では。
ここで繋がってなんだか嬉しいです。
子供がいるからこそ実感する”食”への気持ち。
感じました。

投稿: 亮太 | 2006.11.28 02:45

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103435/12716101

この記事へのトラックバック一覧です: 食物連鎖:

« 報われる瞬間 | トップページ | 音調整終了 »