« 見えてくるもの | トップページ | GANGA ZUMBA »

2007.04.28

RE-CREATE

Dsc08313

LE DECOにて行なわれたRECYCLE&RE-CREATEのイベントを観にいった。

愛・地球博にて展示された1000体を超える陶器の動物達。

地球博終了後にゴミとして壊される動物達に196名のアーティスト達が新たに命を吹き込んだこのイベント。

僕の好きなアーティストの一人、朝倉弘平が参加したのである。

RECYCLEって言葉は大分定着してきた。

このRE-CREATEって言葉、新鮮。

-無駄なものなんて何もない、意味のないものなんてあってはならない。-

<未来の子供達に何か残せないか?>

このコンセプトにはひかれたな。

このキーワードは”環境””古き良き習慣””人”等など、様々な要素が考えられるケド、”アート”っていうものが入るのは以外に思いもよらなかった。

それを具体的な形で示してくれたこのイベント、刺激になりました。

ちなみに朝倉弘平くんは近々個展を行なう予定。

Unmo0003

彼の独特の色彩や世界観、是非とも沢山の人に見てほしいなぁ。

|

« 見えてくるもの | トップページ | GANGA ZUMBA »

コメント

あたしもDEBLIみに行きました!

あさぽんが出しているという情報だけで行ったのですが、
あさぽんの作品だけでなく会場の空気から何からに
影響をうけました。

RE-CREATE
再創、
ここからまた新しいアーティストがつながっていくんですね。
本当にステキなことを考えたな、と思いました。

個展、あたしも絶対見に行きます♪

投稿: ちゃっきぃ | 2007.04.30 07:38

To:ちゃっきぃ
再創って言葉、いいねぇ。
是非個展観にいってくださいませ!

投稿: 亮太 | 2007.05.01 01:59

まだ海外に行ったことの無い自分の作品が先に海を渡る、
と仰っていた朝倉さんの言葉が印象的で29日に行ってきました。

一つ一つの作品に込める思い入れに刺激されて
私も何か始めなくては!という気になりました。


投稿: まっきー | 2007.05.01 21:09

To:まっきー
確かに作品はそれを創造した人間を超えて世に残ったり、人の記憶に残ったり、動いたりするものですよね。
例え何も始めなくても、日常の見方、考え方が少しでも変わっていたら、それはすでに”何か”始まってるんだと思います。

投稿: 亮太 | 2007.05.02 14:04

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103435/14893149

この記事へのトラックバック一覧です: RE-CREATE:

« 見えてくるもの | トップページ | GANGA ZUMBA »