« AcousticPlate延期のお知らせ | トップページ | 鎌倉ビーチクリーン »

2008.08.15

生ききる

P2008_0815_185556

以前このブログで書いた知人が亡くなった。通夜に行く。

享年36歳。息子は2歳である。

生きたかっただろう。なんで私が?って思っただろう。

”誰でも良かった”というキーワードで、死刑を望んで人を殺すというトレンドの中でふと考える。

欲する者には 与えられず

欲さない者には 与えられる

こういう矛盾の上に成り立っているというコトは、甘んじて受け入れるしかないんだろうか。

僕にはまだまだやらないといけない事があるのに、気がつきにくい幸せをあたりまえの様に享受し、時間を無駄にしてる気がする。

後100年は絶対に生きられない。残り時間は僕だってあとわずかだ。僕もいつか必ずいく。

好きな事が出来るコトに感謝して、愛する人と一緒にいる時間を大事にして、何事も大事に懸命に生きないと。

やりきった、生ききったという気持ちを持っていたい。

ありがとう。合掌。

|

« AcousticPlate延期のお知らせ | トップページ | 鎌倉ビーチクリーン »

コメント

私は仕事柄、死に直面することは多いです。
そのたびに考えます。

生きるとは何か
死ぬとは何か

答えは出ません。
出るものではないと思っています。

私がその方の最期にできること、
それは「寄り添うこと」
ただ ただ それだけです。

投稿: みき | 2008.08.16 21:25

ご冥福をお祈り致します。

大切な命。
命ある限り、小さな幸せ噛み締めて、感謝の気持ちを忘れず、しっかり生きないと!と、思います。

投稿: らう | 2008.08.16 22:31

いつ、どんな形で、自分が死に直面するか分からない。
本当に毎日をしっかり生きないと。

投稿: こっしー | 2008.08.16 22:37

わたしも大切な知人のお母様に会いに
行ってきました。
急な別れ。家族の思い。
そしてなにより旅立った方の想いを思うと
本当に切ないお盆でした。
毎日を過ごせることに感謝して
生きてかなくちゃですね。

投稿: キョン | 2008.08.17 13:30

私は今年、父を亡くしました。まだまだ悲しみは癒えないけど、いつも父がそばで見守っていると思い毎日、精一杯生きてます。父の死に直面し、改めて生きてることに感謝してます。

投稿: かよ | 2008.08.17 20:37

うん。

合掌。

投稿: m | 2008.08.18 00:32

「後100年後は絶対に生きられない。
 残り時間は・・・」
 
 ap bank fes 08 2日目
 櫻井さんとKANさんが唄う「50年後も」を
 聞きながら同じような事を考えてました

 50年後、親は生きててくれるのかな~って

 亮太さんの真っ直ぐ前を向いた言葉からは
 「言霊」を感じました


 合掌
  

投稿: cha-co | 2008.08.18 23:18

最近、体調を崩し、寝込んでいました。
そんな時、母親が「健康のありがたさが分かるね」と、一言。

確かに、健康でいられるから、今までの人生があって、これからの人生がある。
自分の体に、そして毎日、普通に過ごせていることに感謝し、ありがたみを感じ、生きていかなきゃいけないですね。

以前のブログを読んだ時、彼女のがんばりから、力をいただきました。
ありがとうございました。
合掌。


投稿: mm | 2008.08.19 14:39

知人の息子さん、最愛の人を失ってしまったんですね。
同い年の息子がいるのですごく切なくなりました。
もっと息子さんの成長をみたかったことでしょう。
もっともっと息子さんとお話したかったことでしょう。
本当に人の命は儚いですね。

ご冥福をお祈り申し上げます。

投稿: misaki | 2008.09.01 01:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103435/42181941

この記事へのトラックバック一覧です: 生ききる:

« AcousticPlate延期のお知らせ | トップページ | 鎌倉ビーチクリーン »