« 奪 | トップページ | PlaConne@PLUG »

2008.11.23

蘇る色彩

P2008_1122_200845

笹野みちるさんが20周年を行い、そこで東京少年の一夜限りの復活があると聞き行って参りました。

もうね、ホントウに最高でした。

ここ数年の中で一番感動してしまったかもってくらい。

東京少年のギターは、そう!我らがテッシーこと手代木克人氏。

登坂亮太と言えばテッシーってくらいお世話になってる人。

東京少年は中学生の頃にとても好きで聞いてた。

アルペンのCM曲だった”Shy Shy Japanese”やらんま1/2のテーマの”プレゼント”とかホントにステキなバンドでございました。

時が過ぎて大人になってテッシーさんと知り合って、そして10数年ぶりに東京少年に再会した。

大好きだった曲が目の前で奏でられてく度に、埃をかぶったアルバムが目の前で開かれて、色鮮やかな写真達が目の前に並んでいくような感覚に陥った。

懐かしく温かく、そして戻れない寂しさを伴って感覚を揺さぶられた。

陽のあたる坂道で

が流れた時はもう涙腺祭りでしたわ。

今もあの頃も自分は何も変わってない。

でもやっぱり良くも悪くも成長していて、そこに確かに時間が存在していて。

うーん、なんというか、不思議な感情に取り巻かれてるのでウマく言えないケド、とにかく良かったんだ。

音楽にある力をダイレクトに感じたってトコロでしょうかね。

|

« 奪 | トップページ | PlaConne@PLUG »

コメント

元気をもらったみたいで良かったですね。

投稿: ゆりこ | 2008.11.23 21:07

私も今年は似たような経験をしています。
そして今日も。

高校の時、大好きだった
JUN SKY WALKER(S)が、今年に限り復活☆

そりゃあ、もう嬉しくて仕方ない。
音楽は変わらない。
お互い、大人にはなったけど。とてもいい関係。
きっと、これからも。

今日も、呼人サンのライブ行ってました。なんか不思議な感覚もあるけど、すごく楽しかったです。

音楽っていいなぁ。繋がってられるもんなぁ。

どうも、失礼致しました。

投稿: らう | 2008.11.24 02:57

『涙腺祭』良いですねぇ。笑う事も良いけど、泣く事も良いと聞いたことがあります。

生きて来た時代は違っても、音楽を通して一緒に楽しめるっていう事を最近、実感しています。
そんなステキな音楽を、これからも聴き続けたいです♪勿論、亮太さんが奏でる音も、その一つです☆☆

投稿: こっしー | 2008.11.24 03:21

歌で涙が自然と出るって
すごい素敵だよね♪

私は亮太くんの歌でも
一曲すごく涙がすーっと出た歌がある。
歌の力って本当にすごくて
心に強く入ってきては
元気になったり
勇気をもらえたり
どことなく昔を思い出したり
共感したりって。

だから
唄い人が素敵に思える。
そんな亮太くんも唄い人

とっても素敵に思う
自分が感じた事や
伝えたい言葉を音楽にできるって
本当に素敵。

投稿: みすみ | 2008.11.25 08:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103435/43202025

この記事へのトラックバック一覧です: 蘇る色彩:

« 奪 | トップページ | PlaConne@PLUG »