« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008.12.31

良いお年を!

大晦日、ということで何か語ろうかと思ったケド、それは常々言いたいコトを言わせてもらってるので特にいいか!というコトにします。
とにかく今年も感謝!
今年も沢山の方に心からありがとう!!

来年も”誰か”に”何か”を与えられるような唄い手になれるよう邁進します!!

というコトで年末最後はpodcast放送です。

我らがテッシーさんを交えて”音楽””人生”について語ってみました。

どうぞ!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.12.28

MUSUI

Dsc00076

僕の大事な友人がお店をOPENした。

その名はMUSUI(ムスイ)。

本当に美味しいイタリアンを食べさせるお店。

美味しいっていうか、本当のっていうか。

一口食べた時に

「ムググ、な、なるほど、そういうコトかー!!」

と思わせる味と香りと食感。

これは友達だから大げさに書いてるワケでなく、久しぶりに”美味しい店”に出会ったから。

是非足を運んで欲しいような、

あんまり人には教えたくないような・・・ハハハ。

でも教えちゃう!!

blogはコチラ!

ゼヒ!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008.12.22

podcastスタート!!

右下にある紫と青のpodcastのバナーImg_feed_blueコチラ
皆様お気づきだったでしょうか?
すでに10人以上の方が登録して下さってますが、いよいよ音源を配信します。
そうです、podcastを始めます!!
iTune等の携帯MP3プレイヤーとリンクするソフトをお持ちの方は、右下のバナーをそのソフトの画面にドラッグ&ドロップするだけで登録出来ます。
もちろんその後は自動更新され、iPod等とリンクしておけばその内容も自動更新されます。
詳しくはコチラ
iTune等を持ってない人は下のプレイヤーの再生ボタンをプッシュ&リッスン!!
音を出すときは周りに人がいないのをご確認あれ。

弟の太頼とゆるゆるとクッチャベってみるコトにしました。
ゲストを呼んだり、曲をかけてみたり。
不定期でUPするので、是非更新された際は登坂兄弟のお喋り、聞いてみて下さいませ!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008.12.18

ライブW soft edge

P2008_1218_232605

ライブW soft edge観に行ってきました。

このイベントのサブタイトルの通り、

”静寂と音楽の境界”

が表現された素晴らしいライヴだった。

林立夫さんのドラムに呼応したアーティストの方々は見事に静寂と音楽の間にある”何か”を表現出来る人たちばかりだった。

写真は左から、林一樹くん、立夫さん、河口恭吾くん、大貫妙子さん、新川さん。

静寂。

好きだなぁ。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.12.14

感謝!

green bird吉祥寺TEAMが3周年を迎えました。
2005年のap bank fesの後に立ち上げたgreen bird吉祥寺。
3歳ですよ。
もうだいぶ意思表示出来る歳。
吉祥寺TEAMもオリジナルのカラーが定着して来たなぁと。
3周年パーティは雨の中沢山の人が参加してくれた。
感謝の言葉と唄。

081214_14180001

支えられて続くコト、支えられて続くキモチ、両方をキモチ良く受け取りながら愛する街に還元出来て来たかな?と振り返ってみる。
4年目もよろしくです!

そしてその後は12月18日のリハーサルに行き、河口恭吾さんに会う。

Th_p2008_1214_171217

「私のすべて」という曲がとても良くて大好きでございます。
実は同じ歳。その辺も歌詞に共感出来る理由なのかも。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008.12.10

行き着く先

P2008_1210_165016

叔父が亡くなった。

父が男3人兄弟の長男で、その下の二番目の弟。

今年の7月には、叔父の息子(僕の従兄弟)が結婚し、ニコニコしながら式に出てた。

9月にすい臓に癌が見つかる。

そして12月10日に自宅にて永眠した。

先々週、叔父に会いに行った際に腹水が溜まったお腹を見ながら、

「覚悟はしてる」

と言った叔父。

顔色も良く、激しく痩せているわけでもなく、これといって痛みも出てなかったみたいだし、黄疸なんかも一切なかった。

それでもなくなる一週間前に自宅に戻り、直前は激しい痛みを家族と一緒に戦った。

正直見舞いに行った際に、

(ホントは全然大丈夫なんじゃないか?)

って思う位に元気そうだった。そう見せてたんだろうけど。

3人兄弟の中で、一番ガタイが良くて、武勇伝も多かった叔父の死はなんだか全く信じられない。

スキューバダイビングのインストラクターであり、ショップとペンションを経営していた。

小さい時から夏休みは毎回そこに行ってタップリと海で遊んだ。

僕が今でも海が好きなのはそのせいだ。

大学卒業後の進路にスキューバダイビングのインストラクターを考えてたのも叔父の影響だったし、始めて買った車が大きな四駆車だったのも叔父の影響だった。

僕がまだ中学生くらいの頃に、真っ白の大きなランクルに乗って、後ろの荷台にはフィンやウェットスーツがかけてあって、ギアには大きなダイバーナイフがひっかけてあったランクルで駅まで迎えに来てくれたのを今でも覚えてる。しかもイケメン。

(カッコいいなぁ)

そう思った。

ペラペラ喋るタイプじゃなかったけど、最後は痛みに耐えながら、

「生きたい」

って叫んでいたという。

どういう事だ?コレは?


今回強く感じた事は、”命ははかないから大事にしないと””だから一期一会なんだ”とかそんな当たり前のような、綺麗ごとのような事ではない。

<<なんてあっけないんだ・・・>>

という事。

7月には元気でいて、病気が発覚してから3ヶ月から4ヶ月で死んでしまう。

今僕がこう書いていて、来週癌が見つかれば、4月には僕はこの世界からいなくなるんだ。

家を出て、階段から転んで頭を強打すればすぐにこの世界からいなくなるんだ。

老若男女、肌の色、何も関係なく人間なんて儚いなぁと。

必死で頑張ったヤツ、そうじゃないヤツ、結局行き着く先はみんな一緒。

だったら傷つかずに、疲れずに、苦しまずに生きた方がいいじゃん?

別に悩みながら唄ってる意味とか少なくとも百年後には無い訳だ。

人間関係に縛られて生きる必要なんて無いし。

もうこうなると誰しもが、万人が抱える悩み、

「なぜ生きるのか?」

ってトコロに繋がってしまうのである。

僕の両親は幸せな事に健康である。

でもいよいよ、親世代の親戚が亡くなったコトによって、

「さぁ、いよいよお前の番が近づいて来たぞ」

って誰かに言われてる気がする。

叔父が62歳で亡くなったので、僕が62歳で逝くと仮定すると、残りは28年。

スゴく目の前だ。

結婚もしてない僕は、息子が30歳になるのも見れない訳だ。

どうしたらいいんだろうね?

叔父さんはどう思ってる?

そんな事を思って少し笑顔にも見える叔父の眠ってる横顔を見ていた。

夕焼けは少し紫を帯びていた。


| | コメント (11) | トラックバック (0)

2008.12.06

これから

L7040001
これからライヴです。
ちなみに・・・ネットでライヴ中継されちゃうんだなー、ココ。
詳しくはコチラから。
お楽しみに。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.12.02

もも子と

L7040105
WOWWOWライヴのRHも今日で終了。
もも子と一緒にいるとそこがまるでap bankの現場にいるような錯覚になる。
4年目だもんね。
今回も楽しい日々でした。
後は本番にて。
今回はお客様として観させていただきますよー。
楽しみ!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »