« 元気? | トップページ | やさいのカード »

2009.09.18

チェ

L7040023

舌打ちじゃありません。チェ・ゲバラの映画を観たのですよ。

チェ 28歳の革命」と「チェ 39歳 別れの手紙

ホントに良かったなぁ。

内容は淡々とチェの生活や活動が描写されている。

そこにはわざとらしいストーリー展開や、無理矢理な起承転結もない。

なによりも一番良かったのが音楽!!

ハリウッド映画に見られるような荘厳なオーケストラではなく、アルゼンチンやキューバの音楽が色々なシーンに挿入されてるのである。

時には「え?ここでこんな音楽?」って思うんだけど、以外とそれがフィットしてて、選曲した人のセンスの良さを感じた。

なにより驚いたのがエンドロールが無音なのである。

普通はテーマ曲とか、エンディング曲とかが流れるのに、無音で淡々とエンドロールが流れて行くのだ。

ここにも感動。

映画の内容や、こういった演出のおかげで、「映画を観た!」というよりも、チェ・ゲバラの生涯を垣間みたような不思議な感覚になったのである。

こんな感覚初めて。

チェ・ゲバラ自身に興味を持ってる方は是非オススメ。

派手な映画でハラハラしたい!という方にはアンオススメ。

|

« 元気? | トップページ | やさいのカード »

コメント

ハハハハ、えっ!?舌打ち?って思ってしまいました。
よく、映画の内容は後回しで、主題歌目当てで観に行く時もあります♪♪でも、今までハズレなしです。
エンドロールに無音ていう、当たり前じゃない演出がステキですね☆

投稿: こっしー | 2009.09.20 19:53

私も舌打ちと思い、亮太サン何ふて腐れてるのかと…(笑)

映画は好きですが、結構話題性で選び、派手なの選んじゃいますね。
じゃないと、ついつい眠気に…。

投稿: らう | 2009.09.21 09:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103435/46261085

この記事へのトラックバック一覧です: チェ:

« 元気? | トップページ | やさいのカード »