« 雨が降った歓喜の夜 | トップページ | 縁 »

2010.04.01

どこに行くのかと見上げる

Photo
友人の一周忌。
繊細過ぎて、傷つきやすくて、生きにくかったんだろう。
時に人は酷く冷酷で、利己的。
だけど、それをプロテクト出来ないコトはこの世界では絶望的な痛みを伴なうコトを余儀なくされてしまう。
誰も、誰かを責めることは出来ないし、僕もそうだ。
人は死ぬと何処にいくのか?
子供の時から延々と問いかけてくる質問をまた考えてみる。
ひどく眺めの良いこの場所から、間近に見える空を見上げてまた考えてみる。
僕はいつかはどこに行くんだろう。
きっと彼はそこにもう行ってるわけだから、間違いなくあるのである。

|

« 雨が降った歓喜の夜 | トップページ | 縁 »

コメント

僕は月に行くと思います
波のみちひきで 生き物は生まれたり 亡くなると聞いたことがあります

その波のみちひきが関係しているのは月だからです
月からきて 月にかえるんじゃないかな?と思います
だから今 月の穴を掘ったりごそごそと月をいじってますが 僕はやめてほしいです どこまで自然を壊すつもりなのか?

多分地球が住めなくなったらどうやって月住めるかも考えてるかもわかりません
でなないと月なんて詳しく調べないでしょ

自分たちが地球をほったらかしておいて住め無くなりゃ 月に行くてか

生き物の生まれたり亡くったり関係のある月をいじったら どないなんねんと思います

投稿: 松田政史まさのぶ | 2010.04.04 16:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103435/47980886

この記事へのトラックバック一覧です: どこに行くのかと見上げる:

« 雨が降った歓喜の夜 | トップページ | 縁 »