« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010.05.26

トゥルースBROTHERS

Brothers Brothers_2
僕のお芝居の先生、佐藤薫氏。
待望のライヴです。
6月10日木曜日から4日間、渋谷の7efにて上演決定!
今からとても楽しみ!
皆さま、ぜひご覧になってくださいね。
しかしこのフライヤー、髪型がハマっててウケるよなー。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010.05.20

込める

Photo
今日は怒涛のレコーディング。
一日でこんなに!ってくらいの量でした。
妥協しない。
機械でごまかさない。
手間を省かない。
唄に現れる”人間力”を問われるようなシビアでシビれる唄入れでした。
すでにシビれるような演奏とメインの唄が入ってる曲たちにコーラスをさせてもらうだけでも幸せであり、貴重な体験。
一曲一曲に”込めて”きました。
発売は6月30日。
奇しくも僕の誕生日です。
その頃はいつものリハーサルでテンヤワンヤの最中だろうなー。
早く出来上がりが聞きたい。
志に沿って、奏で逢う。
本当に素晴らしい3枚目になるはず!

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2010.05.14

バスジャックショウ!

Busjack2010
先日、MEN'S ACOUSTIC FIVEでご一緒させていただいた我孫子泉さん率いる”劇団偉人舞台”の「バスジャックショウ」を観に行った。
いやー、オモシロかったなぁ。
脚本って、オモシロイのってちゃんと裏切らずオモシロイんですな。
なにより、泉さんや南部さんがお芝居してるトコ見たの初めてだったから。
やっぱり演じてる時の二人は、更に更に輝いてました!
今週末までやってます。
まだ空きがあるかワカラナイけど、興味ある方はぜひ問い合わせをー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.05.11

リズム

ついに買いました、「EZX LATEN PERCUSSION」
Fxcam_1273222221663
これは普段使ってるEZ Drummerの拡張パック。
打ち込みの曲や、デモを作るときのリズムトラックに使ってるんだけど、これを追加するコトでパーカッションの音源と共に様々のリズムパターンが追加されるのであります。
最近はパーカッションでライヴするコトが多いので、曲想を練ってる時に頭の中で鳴ってるのがカホンだったりするので、以前から欲しかったのですよ。
正直言って、コンガやボンゴはそこそこちゃんとしてるけど、カホンの音はイマイチ・・・。
でもあるだけで全然制作が楽。
もひとつ最近入手したのが、iphoneアプリのリズムシーケンサー。
Fxcam_1273222268665
自分で好きなパターンを打ち込んでループで鳴らせるのですよ。
ワタクシはメトロノーム代わりにドラムパターンを鳴らして、ギターの練習に使ってます。
イチイチPCを立ち上げて音を出そうとすると、ついつい行動が遅くなりがち。
これならアプリを立ち上げたらすぐに音が出る。
それぞれの”リズム”にまつわるソフトやツールって本当に便利。
唄い手としては、ここがさくっと進むとかなり助かります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.05.07

モンキーズ

Monkeys
右が僕のXPERIAに付いてるモン太。
左がウーロン舎の長井さんのモンくん。
長井さんは一年近く前からつけてるんだって。
髪型がまるで「猿の惑星」のザイアス博士のようです。
気がついたら腕組みしてたみたい。
腕組みも可愛い。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010.05.01

涙の話

Photo_2
ワタクシのお芝居の師匠、佐藤薫ちゃんが遊びに来てくれた。
6月に公演をひかえた薫ちゃんは、現在脚本を手直し中のとのコト。
ビールを呑みながら、あーでもないこーでもないと楽しく話してるウチに、お互いに色々なアイデアが湧いてくる。
それは彼の脚本に影響を与えるかもしれないし、僕の歌詞に間違いなく影響を与えるもの。
今回のキーワードは”涙”だったねぇ。
生理現象とあなどるなかれ、涙には大事なモノが含まれてるってことですな。
人間は誰の為に涙するのか?
人間はなぜ涙するのか?
考えるとすぐにはワカラナイけど、きっとそれを咀嚼するように考えると大事なテーマが見えてくる。
そんな日でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »